補正下着をつけています

洋服をきれいに見せるために私がやっていることは、補正下着をつけてバストアップをすることです。
元々Bカップぐらいでそんなに大きくない胸がコンプレックスで、下半身は少し太めといった体型でした。それをカバーするために、友達に勧めてもらった補正下着を着用するようになりました。
ブラジャー、ガードル、ボディースーツといった3点セットで、下半身のお肉をお腹にもってくる、そしてお腹の肉を胸にもっていくというように、形を整えていきます。
コンプレックス2
着用し始めてすぐは効果は感じられているのかなと思うぐらいだったのですが、着ているうちに着方もうまくなり、徐々にスタイル良くなり、バストアップしていると実感できるようになりました。
寄せてあげてのような感じで、元々の胸に比べてかなり大きくなって見えます。

 

補正下着をつけ続けて実感しているのは、徐々にその形に体が変化していくということです。
しばらく外していたらだんだん胸の形が悪くなっていきますが、毎日続けていくと高い位置で胸が
キープできるというか、大きさだけではなく形も良い感じです。

 

そのためか、補正下着をつけてからは、胸をほめられることも増えました。
体のラインが出る服は胸も強調されるので今まではあまりチャレンジしていなかったのですが。
そういった服も似合うようになり、おしゃれの幅も広がりました。
コンプレックス1
補正下着を使う前と、使用して数年がたった今と比べてみると、胸の感じが全然違いますし、何より自信を持っていられることが大きいです。
私の母は胸が小さいとのことで、ブラジャーにパットがついたのを長年使って大きく見せていますが、その方法と比べても、補正下着で自分のお肉をもってきて大きく見せることの方が、自然な感じで良く思えます。

 

補正下着の値段はかなり高い物を買いましたし、採寸して自分に合う物を探しましたが、それだけ投資をしても、値段なりの効果は得られていると思いますし、今後も買い足しながらスタイルに気をつけていきたいです。

なるべく胸のパットの厚い物を選ぶ

私は胸もまあまあ大きくてDカップあります。それと合わせて、乳首が大きいことが悩みです。中学生のころから胸が大きくなり始めましたが、その頃にはやや陥没をしている乳首であまり洋服の上にまで目立って立つということはありませんでした。しかしその状況は子供を産んでから一変しました。
コンプレックス4
子どもを産むと授乳をしますね。授乳を重ねると陥没気味だった私の乳首はしっかりと出てくるようになり、もう陥没ではなくなりました。それから乳首が以前よりもかなり大きくなりました。私は子供を産むと乳首が大きくなると聞いていましたが、その大きさは驚くべきもの。まるで乳首の周りの乳輪の部分が乳首と集合して成長したという感じを受けたのです。子どもを生んだら少しは改善するかと思いましたが、まったく変わる兆しはありませんでした。そのために私は乳首を目立たせないようにするためになるべく胸のパットが厚い物を選ぶようになりました。

 

ただでさえ、胸はDカップあるので、それ以上にカップが厚ければ更に胸は大きく見えます。しかし、私としては胸が大きいことよりも乳首が大きくてそれが目立つことを恐れていました。特に冬場になると暖かい部屋から寒いところにいくと乳首がたつということもありますよね。そのために薄いインナーを着ていると目立つこともあるので、とくに注意していました。特に居酒屋で暖かい部屋から廊下に出て、トイレに行くときなんかに注意が必要でしたね。下着に気を付けていると私の乳首は全く目立ちませんでした。夏場も下着に気と付けてはいましたが、夏はTシャツなどを着ますよね。
コンプレックス3
すると結構密着することもあって、凄く心配をしていたのです。そんな時に持ち歩いていたのがストールです。最近は夏でもエアコンがきいて寒いこともあるので、ストールをかけていても不思議ではありません。また胸隠しにもなるので、私には好都合だと思っていたのです。だから夏の必需品として、いつも持ち歩いています。